ストーカー調査

「警察が何もしてくれない・・・」

ストーカーが相手を刺してしまった事件として、1999年に起きた「桶川ストーカー事件」この事件をきっかけに「ストーカー規正法」が施行されました。とはいえストーカー規正法があるから警察に相談すれば、すぐにストーカー撃退に動いてくれるかといえばそうでもありません。ストーカー被害を感じて警察に相談しても、すぐに実行されるのは巡回パトロールの強化くらいで、犯人を捜査してくれるわけではありません。警察が積極的に動き出してくれるのは、ストーカーに襲われるなど刑事事件になる実害が発生した場合になります。ストーカーの正体がわからないレベルでは、警察をアテにできないのが現状です。かといってストーカーが正体を現したり、実害を与えるまで怯えているわけにもいきません。

証拠揃えて警察を動かしましょう。警察へ突き出そう。示談希望なら同席致します。

ストーカー被害は早期解決・対処しなければエスカレート

どんな些細な情報でも、対象者に関する詳細を伝えてください。被害時の状況を漏れなくお願いします。

一つでも多くの情報を御願いします。些細な情報でも可能性は有ります。

ストーカー調査の流れ

シークレットジャパン関西本部

探偵は世間から見てあまりいいイメージではないでしょうが、様々なトラブルや悩みを解決する為に必要なものは”証拠”です。

我々は証拠収集のプロです。調査終了後には探偵のイメージは覆ることでしょう。

現実を受け止め問題を解消するのか、新しい道を進むのか、些細ながらお手伝い致します。

© 2010-2020 s-japan. inc.